top of page
  • 執筆者の写真芽弓 千葉

Reborn ステイリトリート ~日常から離れてちょっとトトノウ時間~

更新日:2023年4月2日





仕事が忙しくてちょっと疲れている、生き詰まりや窮屈さを感じている、なんとなく不調、子育てや夫婦関係に疲れている、つまらない毎日、自然に触れて作業したい、等々。

リフレッシュしたいけれど、断食合宿はハードルが高い。ストイックではなく、ゆるく楽しく整えたいという方達の為のいのちの洗濯をしてReborn(生まれ変わる)滞在型リトリートです。

四季折々の美しい、標高1000mの水と空気が美味しく八ヶ岳や南アルプス、富士山といった山々のエネルギーが満ちたパワースポット小淵沢で、より愉しく、より豊かに生きる為のリトリートを新たに開催します。

「自分とは何か?」「人生をより愉快にする法」の講義や「言霊ワーク」などの座学をはじめ、偉大な自然の中で畑や田んぼ仕事に触れアーシング、オーガニック野菜たちで食べたい物をみんなで考えてあるもので作るクッキングやスイーツ作り、自然の恵みでテーブルを彩って食べたり、ヨガや婦人体操をしたり。夜はみんなで語らい、心のデトックスも!

心身の声を聞いて解放しほぐす時間。五感を研ぎ澄まし、豊かさを感じて生き返る時間は明日への活力となり、心身が喜ぶに違いありません。

老若男女問わずどなたでもご参加頂けます。

マクロビオティックの面白さに出逢って40年以上、マクロビオティック指導約20年間に2,000人以上の永井邑なかの講義と母や妻そして女の立場に寄り添える経験に加え、オブザーバーとして30年の会社員生活から飛び出し50歳を過ぎて新たな世界の扉を開き、ベジフードプロデューサーとして活動する千葉芽弓の経験の下に、大きく人生の方向転換をした経験や、都心で働く方たちの等身大の悩みに寄り添い、サルベージクッキングや、心身を緩めほぐす実践的レクチャーで寄り添います。


四季を通じて、より等身大に皆さんの小さな幸せ作りをサポートさせて頂きますので、お気軽にご参加ください。

申し込み先

までメールをお願いします


【年間スケジュール】※単発参加も可

■第一回

4月21日(金)~4月23日(日)  種蒔き

■第二回

5月26日(金)~5月28日(日) 田植え

■第三回

6月23日(金)~6月25日(日) 手除草

■第四回

9月29日(金)~10月1日(日) 稲刈り

■第五回

11月23日(木)~11月25日(土) 収穫祭


集合:10時小淵沢駅又は中央道八ヶ岳バス停

解散:16時小淵沢駅

参加費:35,000円(*2歳以上15歳以下のお子様18,000円)/1リトリート

    160,000円(*2歳以上15歳以下のお子様80,000円)/全5回通年参加


内容:田んぼ作業・料理教室・講義・ヨガ・婦人体操・言霊ワーク・散歩・舞・キャンドルナイト会・縄文遺跡訪問&体験会等

お申込み先:永井邑なか tmrl3722@yahoo.co.jp

キャンセルポリシー:各回の初日前日以降のキャンセルは18,000円、初日当日以降のキャンセルは35,000円がキャンセル料として発生しますことを恐れ入りますがご了承下さいませ。




永井 邑なか(ながい みなか):

10代初めに母親を通して大森英桜氏の食養(マクロビオティック)と出逢い、無双原理という宇宙観に魅せられ、生き方の指針とする。高校生の時に動物性を断ち、完全穀物菜食を30年以上実践。 マクロビオティックを世界に広めた桜沢如一氏の高弟大森英桜・一慧ご夫妻、久司道夫氏、松本光司氏、石田英湾氏、田中愛子氏等から直に長年学び独自のマクロビオティックを深めている。2000年長女、2004年長男を出産。2005年東京にマクロビオティック教室ラ・コシナ・デ・ミナカ開校。2007年次男自宅出産。2008年居を山梨の小淵沢に移し、ラ・コシナ・デ・ミナカ山梨校開校。東京と山梨で毎月各種マクロビオティック講座や合宿、望診相談、姓名相談等を主宰しながら、島根、鳥取、岐阜、愛知、沖縄、神奈川、上海、ホノルル等で出張講座やデトックス&ノーソルト合宿、砂浴合宿等を定期的に開催。 2014年2月ハワイ島に、2015年7月カルフォルニアに一時越し、Hilo、Pahoa、Scotts Valley、Sebastopol、Los Angeles、San Jose、Berkeley等で3年近くマクロビオティックを現地の人達に伝える。帰国後はZoomで海外の方にも講座開講。2017年より横浜助産院バースハーモニー講師。2018年1月マクロビオティック研究会であるマクロビオティックわの会発足。この18年以上で2000人以上の国内外の方を指導。

2008年雑誌セラピストに掲載、2009年TBS情報番組「サカスさん」で離乳食教室が放映、2016年カリフォルニアの週刊ベイスポに掲載等他。

2019年10月より未病ケアLab.に執筆。

2019年12月31日YBSラジオ出演。

2020年2月Web番組MAYA GAJAに出演等他。

大森英櫻の医学講座修了・大森一慧のクッキング師範科修了

KIJ認定クシマクロビオティックインストラクター KI認定クシマクロビオティックインターナショナルインストラクター 松本塾師範科修了・山村塾認定望診法指導士・レイキマスタ- 

マクロビオティック教室ラ・コシナ・デ・ミナカ主宰 

合同会社マナマハロ(天然かき氷、ヘンプ商品販売等)代表取締役





千葉芽弓(ちばみゆみ):

食から社会問題の解決を目指し、"日本の伝統とナチュラルヴィーガンフードを未来につなぐ"をキャッチコピーにベジフードプロデューサーとして活動。

安心して食べられるカフェのプロデュースや商品開発を行うとともに、地方創生のための全国各地で食の多様性対応セミナーや伝統食文化を生かしたヴィーガンメニュー作りのコンサルティングを行う。


厳格な家庭で育ち、競争社会での葛藤を感じる中、環境・心・食・体の関係について20代前半からさまざまなメソッドで探求を重ね、25歳で沖道ヨガに出会う。

外資系大手企業の会社員として忙殺される中での食の乱れで様々な不調から抜け出したいと思う時にマクロビオティックに出会い、永井邑なか先生をはじめ全国の諸先生方に師事し学びと実践を深める。

画家の父の影響からのクリエイティブな発想からマクロビオティック料理の可能性を広げ、その素晴らしさを伝えたいとカフェでのパーティ料理やフードイベントの実績や、各種レシピコンテストで入賞。またどこのレストランでもベジタリアン対応をと普及発信活動等経験を積み51歳で脱サラ、マクロビオティック&ヴィーガン食×ヨガやマントラ、アート、フラワー、マヤ暦、ダンスなどのコラボイベントを多々主催。新宿で毎月食養生Cooking&セミナーを同期生と開催したり、季節のおもてなし料理やサルベージクッキングで、自然なもので自由につくる楽しさとそこから生まれるコミュニケーションや感性を拓くことや、自己治癒力を高めて自分を信頼することを伝えている。


マクロビオティックアドバイザー/フードコーディネーター/食育インストラクター/食空間コーディネーター/沖道ファミリーヨガインストラクター/草月流華道師範

千葉芽弓

https://www.vegemiyu.tokyo/


トーキョーにベジなおもてなしを「Tokyo Smile Veggies」主宰

https://m.facebook.com/tokyosmile.veggies/


Vegewel プロデューサー

マクロビオティックわの会メンバー

https://macrobiotic-wanokai.net/


閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024

bottom of page