• 芽弓 千葉

美は物質にあるのではなく、物体と物体の間の陰影の"綾"にある


谷崎潤一郎の言葉だそう。


日本人の奥ゆかしさの先にある見えないもの。

不便さすら愛おしむ国民性。


今日、1月七日は人日の節句。

人の日とかくように、人を大切にする日。

だからこそ、ゆっくりと土鍋で炊いたおかゆさんには、旬の春の七草であるせり(芹)、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろをいれて、それは薬草のように年末年始のハレのご馳走をたべた胃腸を養う。


時間をかけて火にかけたおかゆは心身を温めてくれる。

一年の無病息災と五穀豊穣を祈る行事食です。

日本人はそういう理にかなった賢い暮らしと食を育んできました。


お正月飾りを下げ、大切にしたいもの、大切に守りたいコト

改めて考える。


日本海側は大雪みたいです。

どうか事故のないように、、、!



お気に入りの蒔絵の骨董品に乗せて。

日本のお正月は美しいです。



1回の閲覧0件のコメント