top of page
  • 執筆者の写真芽弓 千葉

金継ぎと日本人の心



「繕う」


欠けや破れ損じたところ、物の壊れた箇所を直す。補修すること。


ものを大切に、、。

お皿の欠けや割れは金継ぎで。

洋服のほつれや穴は縫ったり、当て布をしてれを芸術やアートに変えてきた日本人。、

こうやって日本人は作り手の思いや愛、魂の宿るものを大切にしていました。


基本にたちかえり、また見直していきたい。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024

bottom of page