top of page
  • 執筆者の写真芽弓 千葉

マクロビオティック交流会2020




群馬県富岡市のマクロビオティック和道にて10/17-18の二日間を亘り開催された、世界をオンラインで繋いでの交流会。

10/18は世界をマクロビオティックで平和と和を広げることに生涯を捧げた故・桜沢如一先生の127回目の誕生日。



桜沢如一先生は本当に宇宙人でした。

不思議にも、九星気学で8-2の1番目2番目の数が同じな桜沢先生。まさに革命家の星と指導者の星の人。

私もがんばらねば、、、


故人はベトナム戦争の残虐さにすごく胸を痛めて、亡くなる年の1966年の元旦から亡くなるまで7号食(No.7と海外で言われる)すなわち玄米だけを食べる食事法で世界平和を祈ったそうです。願掛けですね、、、


1970〜80年頃まで、桜沢先生や久司先生のご尽力で、世界中でマクロビオティックの食養論や自然共生、身土不二の考えが広がり東洋思想は確固たる地位を築いていました。


今ここで、改めてその重要性を、自分のフィールドで伝えていくことをそれぞれが固く誓う時間となりました。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024

Comments


bottom of page